太陽光発電投資が可能!アールエスアセットマネジメントとは?

皆さんは太陽光発電投資についてご存知でしょうか?
太陽光発電投資は、再生可能エネルギーである太陽光発電によって得られた電気を売ることにより、資産運用していくものになります。
近年は原子力発電もストップしている状況なので再生可能エネルギーがとても注目されていますが、やはり自分自身で太陽光パネルを設置したりするのはとても大変です。
アールエスアセットマネジメントでは、太陽光発電投資による運用をサポートしてくれる企業です。
今回はそんなアールエスアセットマネジメントの太陽光発電投資について調べてみました。
私と同じく、太陽光発電投資が気になっている、もしくはアールエスアセットマネジメントについて詳しく知りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アールエスアセットマネジメントへの投資を検討中

私がアールエスアセットマネジメントについて調べようと思ったのは、実際にアールエスアセットマネジメントの太陽光発電投資に興味を持ったからです。
そもそも資産運用というと株式やFX、不動産投資などが挙げられますが、どれも私には難しそうと感じ、さらにリスクがどうしても気になってしまいなかなか手が出せない状況にありました。
しかし、近年「太陽光発電投資」が注目されているということを知ったのです。
太陽光発電投資は自分にとっても利益がありますし、火力発電に頼り切っている現在の日本のエネルギー事情を少しでもサポートできるのではないかと感じたため、興味を持ちました。
太陽光発電投資と検索するとたくさんの投資企業が見つかりますが、今回はその中でも気になったアールエスアセットマネジメントについて紹介していきたいと思います。

アールエスアセットマネジメントの概要、実績

まずは、アールエスアセットマネジメントの概要や実績からご紹介していきます。


アールエスアセットマネジメントの概要

アールエスアセットマネジメント株式会社は、2013年3月に設立された会社で、太陽光発電やその他の再生可能エネルギーにおけるアセットマネジメント業務を行っています。
企業が設立された背景には、2011年に発生した東日本大震災や1995年に発生した阪神淡路大震災があるそうです。
アールエスアセットマネジメントの代表取締役は、親族が阪神淡路大震災で被災しています。
その時、「電気やガス、水道が全て止まってしまい暗く寒い部屋の中で呆然としていたが、電気が復旧して暖房が付いた瞬間、希望を感じられた」という言葉を聞いたそうです。
この話がずっと心に残っており、東日本大震災の時に電力供給に貢献したいという気持ちが強くなったため、アールエスアセットマネジメントの設立に至ったそうです。


アールエスアセットマネジメントの実績

アールエスアセットマネジメントでは、全国に77ヶ所もの電力供給施設を設置しています。
そのうち、72ヶ所が太陽光発電、2ヶ所がバイオマス発電、3ヶ所が風力発電となっています。
太陽光発電だけでも約229,141.9kWもの電力を生み出しており、効率の良い太陽光発電投資を実現させています。


競合他社とアールエスアセットマネジメントとの比較

他社の太陽光発電投資会社と異なる点としては、災害リスクなどをできるだけ回避するために全国各地で施設を用意していることと、国内だけではなく大手商社と連携し、世界のエネルギー・環境問題にも取り組んでいるということが挙げられます。
資産を運用することももちろん大切ですが、太陽光発電に興味を持っている方も多くは、エネルギー問題についても興味があるという方が多いでしょう。
そんな中で海外にも目を向けているアールエスアセットマネジメントは、他の投資会社と比べて将来性の高い企業だと言えます。

アールエスアセットマネジメントの太陽光発電投資とは?

世界では温暖化の原因となる温室効果ガスの削減に対する取り組みが行われ、日本でもエネルギーの自給自足の促進や温室効果ガスの減少を目的に再生可能エネルギーによる発電が推進されています。
再生可能エネルギーを使用した発電方法のうち、代表的なのが太陽光発電でしょう。
アールエスアセットマネジメントは事業の一環として太陽光発電投資事業を展開しています。

そもそも太陽光発電投資とは?

投資というと株式投資やFX、不動産投資が一般的ですが、世間一般では節約に向けたシステムという認識が強い太陽光発電も投資の価値があることから注目を浴びています。
太陽光発電投資は一定の土地に太陽光パネルなどの発電システムを設置し、その太陽光発電システムで生産された電気を電力会社に売ることで利益を得られる投資方法です。
電力会社に売却する電気は「固定価格買取制度」に基づき、国が決めた一定価格で買取ってもらえるので、株式やFXのように相場変動のリスクを受ける心配もありません。
産業太陽光発電は20年間買い取ってもらえるので、長期的に利益を運用することができます。
電気を自家発電できるので自分で使う電気を作り電気料金の削減を図るという使い方が一般的ですが、従来の投資と比べて大きな損失を招くリスクを追わずに運用できるところに投資家の注目が集まっているのでしょう。

太陽光発電を導入することで得られる効果

太陽光発電の基準は10kWとなっており、住宅用と産業用に分けられています。
国が推進するクリーンエネルギーの普及を促進させるため、産業用の太陽光発電は住宅よりも多くの設置メリットや制度が用意されています。
太陽光発電を導入するとどのような効果が得られるのかご紹介していきましょう。

投資回収期間を短くできる

売電は20年間に渡って行われ、買取制度には余剰電力買取と全量買取の2つがあります。
余剰電力は通常は自分で発電した電気を使用し、余った電気を電力会社に売る買取制度です。
一方、全量買取は発電した電気を全て売却できる制度になります。
全量買取なら投資回収期間を短くできるので、回収後は売電利益を収益に見込むことができるでしょう。

送電設備のないエリアや災害時の活用

山岳部や農地など送電設備のないエリアに太陽光発電を設置すれば、電源として活用することができます。
また、売電しない電気は災害などで電気が使えない時の非常用電源として使うことが可能です。

石油を大幅に削減できる

電気の発電には海外から輸出される石油が使われていますが、太陽光発電を導入すると石油の大幅削減は見込めます。
1000kWの太陽光発電システムなら、18L分の石油が年間13,900本分削減可能と算出されています。
日本は化学燃料の輸出に依存しているので、太陽光発電がもっと普及すればエネルギーの自給率も上がり依存から脱却することができるでしょう。

このように、太陽光発電は投資目的だけではなく、実用性の高さや経済の負担軽減などの効果が期待できるので、家庭や産業、公共施設で導入が進んでいます。


太陽光発電は導入しやすくなっている

太陽光発電は世界で普及が進んでおり、競争も激しくなっていることからシステム自体の価格も以前より安くなりました。
初期設備投資のコストが少しでも抑えられれば投資家としてもメリットは大きく、家庭用・事業用の導入助成・補助金制度も自治体で用意されているので導入しやすくなっています。
発電のエネルギー源は太陽光なので基本的に地域を制限される必要はなく、システム自体が可動する部分がない、自動で発電が行われるので運用は難しくなく、この点も導入しやすいシステムと言われている理由でしょう。


アールエスアセットマネジメントの太陽光発電投資について

アールエスアセットマネジメントのアレンジメント事業を行っています。
これは特別目的会社(SPC)という、特定の分野での事業経営を目的にした会社のスムーキー構築を行う事業です。
アールエスアセットマネジメントの場合、特別目的会社とは太陽光発電システム等の再生可能エネルギー分野を営む会社になります。
特別目的会社は事業による営利追求をする会社ではなく、資産を保有するための機能する会社なので倒産するリスクはほとんどありません。

アールエスアセットマネジメントは用地交渉から太陽光発電の設置、運用、メンテナンスまで一括で対応しています。
特別目的会社はアールエスアセットマネジメントに委託することで、初期コストや管理コストを軽減しつつ、利益の最大化を実現することができます。
実績を見てみると茨城や長崎、鹿児島、長野、青森など全国各地で発電所を開拓しています。
また、資金運用の状況や設備メンテナンスの状況などはタイムリーで情報提供できるように、透明性の高いレポートでまとめているので安心して出資できるでしょう。
このようなスムーキー構築により太陽光発電投資へ参入するハードルは低くなり、また多くの投資家が参入することで大規模な再生可能エネルギーの普及につながっていきます。
アールエスアセットマネジメントの企業理念は「安全かつ安定した電力供給への貢献」としているので、ファンドストラクチャーは強気になりすぎないように、弁護士や会計士のアドバイス、投資シミュレーションをしっかり行った上で、投資家が納得できるストラクチャー構築を提案してくれるようです。

TK投資により太陽光発電投資への参入を加速化

アールエスアセットマネジメントではインベストメント事業というものも行っています。
これは太陽光発電事業を行っている特別目的会社へのTK出資(匿名組合出資)事業です。
TK出資とは匿名の投資家が特別目的会社へ出資する代わりに、利益の一部を分配してもらう投資方法になります。
アールエスアセットマネジメントの場合は特別目的会社が太陽光発電で得た利益を、匿名投資した投資家に配分する形になるわけです。
また、投資リスクは出資持分に限定されるので安全性が高い投資と言えます。
インベストメント事業により特別目的会社は太陽光発電をより導入・運用しやすくなるので、再生エネルギー事業や太陽光発電投資の参入の加速化にも貢献しています。

アールエスアセットマネジメントに投資をした場合のメリット

アールエスアセットマネジメントは、ファンドストラクチャー構築業務で太陽光発電投資をサポートしています。
太陽光発電投資では、不動産投資ではテナントの退去などのようなリスクが少ない安定感のある収益を期待することができます。
ここでは、アールエスアセットマネジメントに投資をした場合のメリットについてご紹介しましょう。


利回りの高い太陽光発電

太陽光発電の大きなメリットは、利回りの高さです。
もしも、2000万円の融資で土地つきの太陽光発電を始めた場合は、利回りが10%あれば、10年で元を取ることができます。
そして、その後10年間で2000万円の利益を得ることが可能になるのです。
このことから、太陽光発電投資はとても利回りの高い投資商品だということが分かります。
これは、電力会社の固定買取制度を利用した場合に継続的に得ることができる利益になりますが、20年を過ぎた後でも高い利回りを得ることができます。
地域によっては日照時間が異なるため、どのくらいの利益を得ることができるのかを明確に提示することは難しいですが、太陽光発電が一般的になってきたことから、収益がどのくらいになるかという予測は立てやすくなっているはずです。


電力会社の固定買取制度でローリスクな投資が可能

太陽光発電は、設置してすぐに固定買取制度を利用できるわけではなく、電力会社の調査を受けなければいけません。
その調査を受けることによって、20年間同じ料金で電力を買い取ってもらうことができるのです。
そのため、リスクの低い投資ができるということになります。
アールエスアセットマネジメントでは、用地の交渉から運用までトータルにサポートをしてくれるため、リスクの低い太陽光発電で投資を始めたいと考えている人は、アールエスアセットマネジメントのサポートを受けながら進めていくことでよりローリスクな投資を実現することができるでしょう。
また、電力会社の固定買取制度を利用することによって、20年間の収益が確定していることになります。
つまり、銀行や金融機関からの融資を受けやすくなるのです。
もちろん、太陽光発電は自然の力を利用した発電方法なので、天候には左右されてしまいます。
しかし、1日の発電量ではなく、年間の発電量で考えればかなりリスクの低い投資の1つだと言えます。
銀行や金融機関からの融資を受けることができたのであれば、自身が手に入れた土地付き太陽光発電は返済能力があると判断されたことにもなるでしょう。
それは、それだけの収益が期待できると見込まれたということにもなります。

不動産投資でも大きな利益を得ることは可能ですが、賃貸経営の場合は入居者がいなければ家賃収入を得ることができず、赤字になってしまう可能性もあります。
そのため、ハイリスク・ハイリターンな投資だと言えるでしょう。
それに対して太陽光発電投資は、設置し、電力会社の調査を受ければ早い段階で売買収入を手にすることができます。
したがって、不動産投資と比較した場合、ローリスクな投資と言えるのではないでしょうか。


アールエスアセットマネジメントを利用するメリットは?

太陽光発電による投資を行っている企業はいくつかあります。
では、太陽光発電を行う際に、アールエスアセットマネジメントを利用するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

アールエスアセットマネジメントでは、アールエスアセットマネジメントが選んだ特別目的会社による候補地の選定や設置、メンテナンスなどをトータルでサポートできる提携会社への委託などを行っています。
このようなサポートを利用することによって、太陽光発電投資の設置などにかかる初期投資を抑え、将来的に積み重なっていく資産管理コストの軽減も実現しています。
また、特別目的会社の事業においては、ノンリコースローンで借入できる案件を投資の対象としているのです。
つまり、レバレッジをかければリターンを大きくできる可能性もあるのです。
さらにアールエスアセットマネジメントでは、投資家が出資リターンを最大限に利用できるような仕組みを作っていますが、あまりにもアグレッシブな投資は行わないようにしています。
そのために、社外の弁護士や会計士から助言やサポートを受け、投資シミュレーションを出資者と共に協議しています。
その協議の中で、どのような仕組みが最適なのかを常に考え続けているのです。


運営状況をタイムリーに発信

出資者にとって、投資先の運営状況は気になるものの1つと言えるでしょう。
アールエスアセットマネジメントでは、出資者に安心してもらえるように資産の運用状況や設備のメンテナンス状況などをタイムリーに提供しています。
そのために、不透明な部分がないレポートを発信しているのです。
そのレポートから得られる情報を通じて、出資者が安全で安心して投資できるようにサポートをしているということになります。
それは、投資をすることによって将来的な希望を得ることができるということにもなるはずです。
アールエスアセットマネジメントがサポートする投資では、そのような明るい未来があることを実感できるということになるでしょう。


匿名組合出資で安定した収益を目指す

アールエスアセットマネジメントでは、匿名組合出資を行っているため、安定した収益を目指すことができます。
匿名組合出資を行っているアールエスアセットマネジメントは、持ち出した分の投資リスクのみを負うことになります。
アールエスアセットマネジメントが行っている投資事業は、将来性のあるものだと考えられています。
将来的に安定した投資を行うことができれば、長期的な収益確保を得ることが可能になるでしょう。
そのような投資を行うことによって、安定した収益を得ることができるだけではなく、匿名組合出資も行っていることからより安定感のある投資を行うことができるのがアールエスアセットマネジメントなのです。


これらのことから、アールエスアセットマネジメントでは安定した収益を目指す投資を実現できるということになるでしょう。
安定した電力を供給し、安定した収益の実現を目指しているという点は、大きなメリットになると言えます。

アールエスアセットマネジメントへの投資判断 ~まとめ~

アールエスアセットマネジメントは、再生可能エネルギーを利用した投資のサポートに特化しています。
アールエスアセットマネジメントのアレンジメント事業は、最も力を入れている事業です。
太陽光発電の設置場所の選定からメンテナンスまでトータルで行うこともできるため、コストを抑えながら投資をすることができます。
コストを抑えた投資を行いながら、高いリターンを目指すことができるのがアールエスアセットマネジメントにおける投資と言えるでしょう。
アールエスアセットマネジメントの考えでは、出資者のサポートを行うことによって、再生可能エネルギーの活用方法を多くの人に知ってもらいたいという考えを持っています。
それは、アールエスアセットマネジメントの社会的意義を定義している部分だと考えることもできます。

また、アールエスアセットマネジメントでは、インベストメント事業も行っています。
インベストメント事業では、匿名組合出資による出資を行うことによって、安定した収益の確保を目指します。
匿名組合出資は、出資者が借り手に対して投資を行うことで、アールエスアセットマネジメントで得た分の収入の一部が出資者の手に渡るという手法で投資を行うのです。
これによって、リスクを抑えた投資ができるということになります。

  • 最終更新:2018-11-28 13:36:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード